麺ができるまで

生麺は茹でる前の麺。沖縄そば、ラーメン、うどん、蕎麦など様々な麺製品をご用意しております。茹でたての麺は、モチモチとした食感と弾力のあるコシで、一度食べると癖になる美味しさです。

生めんができるまで
  • ①麺の材料を混ぜ合わせます。

    小麦粉や塩、水などの原材料をよく混ぜ合わせてそぼろ状態にします。季節や気温により配分を微妙に調整して品質を均一化します。

  • ②麺の生地を作って熟成します

    混合した材料をローラーで薄く延ばして麺の生地を形成し、すぐに丸く巻き取って熟成させます。しっかりと熟成すると生地の空気が抜けてコシのある麺ができます。

  • ③生地を薄く延ばして切り込みます

    熟成した生地を細く切り込んで麺にします。麺の細さや厚み、長さを調節して様々な形の麺が作られます。「縮れ」や「もみ」などの形状もここで付けることができます。

  • ④一人前ずつ取り分けて包装します

    切り込んだ麺は手で一玉ずつ取り分けます。計量器を使用せず一定の重量を取り分けます。経験が活きる職人技の一つです。取り分けた麺は一袋ずつ包装されます。

伝統的な沖縄そばは、茹でて油をまぶした「茹で置き麺」が一般的です。サッと湯通しするだけで美味しく調理できる麺です。美味しさを保つため迅速な作業が求められます。

茹でめんができるまで
  • ①麺の材料を混ぜ合わせます。

    小麦粉や塩、水などの原材料をよく混ぜ合わせてそぼろ状態にします。季節や気温により配分を微妙に調整して品質を均一化します。

  • ②麺の生地を作って熟成します

    混合した材料をローラーで薄く延ばして麺の生地を形成し、すぐに丸く巻き取って熟成させます。しっかりと熟成すると生地の空気が抜けてコシのある麺ができます。

  • ③生地を薄く延ばして切り込みます

    熟成した生地を細く切り込んで麺にします。麺の細さや厚み、長さを調節して様々な形の麺が作られます。「縮れ」や「もみ」などの形状もここで付けることができます。

  • ④麺に油をまぶします

    茹で上がった麺はすぐに食用油をまぶします。油分は麺の表面をコーティングして麺同士の癒着や劣化を防ぎます。

  • ⑤冷やして包装します

    万遍なく油がまぶされた麺を冷風で十分に冷却し、1食ごとに取り分けて包装します。その後冷蔵庫で保管し出荷されます。

麺のサンプル注文

受付時間
祝日を除く月~金曜日
9:00~18:00

ご注文は常時お受けしておりますが、上記時間外のご注文はよく受付の朝の受付といたします。

土日、祝日以外に休業日を設ける時は、トップページにて事前にお知らせいたします。

株式会社与那覇食品
〒903-0103
沖縄県中頭郡西原町字
小那覇1489-2
電話:098-946-7267
西原そば
〒903-0126
沖縄県中頭郡西原町
棚原198
電話:098-946-0108
定休日:なし
営業時間:11:00~17:00
駐車場:20台